スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道ツーリング2016 その6

8月17日(水)のツーリングレポートです。

朝から大雨。

台風です。(2回目)

この日は台風7号が北海道に上陸するのでした。

朝からJRも飛行機も止まっています。

もちろん、船も。

三井商船も太平洋フェリーも、
この日、苫小牧から出る全ての便が欠航していました。

お、小樽は?(汗
朝の情報番組を見ても小樽の「お」の字も出てきません。
新日本海フェリーは大丈夫???
無事に帰れるのかしらん(滝汗

襟裳岬沖の波の高さの予想が8m。
冗談でしょ?津波ですか?って笑ってしまうほどの数字です。
後で確認し直すと9mに上がっていました。

海沿いはダメだw

この日は、室蘭、長万部、ニセコ経由で
小樽に向かうつもりだったんですけど、
さっさと太平洋側から離れることにします。

ホテルを出発したら予定を変更して276を北上します。
支笏湖手前の三叉路で453の通行止めの表示。

え??

嫌な感じがします。
この後走る予定の276と453が一部重複しているんですけど。

ただ、落石の危険がある為と表示されていたので、
札幌方面から来るときの峠の事を言っているのでしょう。
多分、大丈夫。と信じて左折します。


しばらく走っても通行止めの気配がなかったので
この道は問題ないみたいですね。
そのまま支笏湖沿いの276を進みます。

20160926_01.jpg

雨がヒドイです。
さっさと水辺から離れましょう。

支笏湖も抜けて276の道の駅で休憩。

20160926_02.jpg

誰もいません。
道の駅を独り占めだぜぃ。
ちょっと寂しい(^^;

喜茂別を抜けると雨が弱くなってきました。
いいぞ、いいぞー。
このまま止んでしまえ。

20160926_03.jpg

残念ながら羊蹄山は今回も雲がかかってました。
綺麗な姿は来年以降にお預けですね。

倶知安のセイコマで休憩していると雨が止みました。

お?

この後5号線を通って余市に抜けようと思っていたんですけど。

時間も余りまくっていますし、
このまま小樽に向かうのは勿体ないですね。

まずは276を抜けて岩内へ向かいます。

20160926_04.jpg

岩内の漁港にて。
日本海は平和ですね。

台風なんてどこ吹く風。
海も全然荒れていません。
この調子ならフェリーも問題ないでしょう。

最後の観光ツーリングと行きましょう。
229を走ってぐるっと積丹半島をめぐります。

この半島は結構大きいので走りごたえがあります。
トンネルが多いのがちょっと残念ですけど。

神威岬に寄って行きましょう。
バイクを下りて半島の先っぽに向かいます。

20160926_05.jpg

自然が凄いです。

まぁまぁ歩いた先に半島の先が見えてきました。

20160926_06.jpg

晴れてるときに来たかったなぁ。

20160926_07.jpg

あの岩、何?
ロウソクみたいで形が面白いです。

20160926_08.jpg

凄いぜ、積丹ブルー。
イイモノ見たー。

この後、駐車場に戻る途中で雨が降ってきました。
神威岬を見た後でタイミングが良いですね。

出来れば小樽までもってくれればもっと良かったんですけど。

仕方ありません。
雨の中を小樽まで走ります。

そのまま小樽までノンストップ。
4時前にはフェリー乗り場に到着しました。

20160926_09.jpg

おk。

フェリーはちゃんと出港するようですね。
良かった、良かった。無事、帰れそうです。

この後、小樽観光にくり出す元気もなく、
濡れたブーツを脱いでベンチでボーっとしてました。

出港まで大分時間があるけど。
周りのライダーさんと雑談しながらゆっくり過ごしていました。

20160926_10.jpg

夜になってから晴れなくても...ねぇ。
ま、無事帰れるからイッカ。

20160926_11.jpg

フェリーに乗り込んで一安心。
良く走ったね。お疲れ様でした。

天候で予定がいろいろ変わりましたけど、
まぁ、楽しかったです。

20160926_12.jpg

今回行けなかった場所は来年以降の楽しみに取っておきましょう。



スポンサーサイト

北海道ツーリング2016 その5

ファッ!?
もう一か月以上経ってる。
気にしない、気にしない。

8月16日(火)のツーリングレポートです。

台風一過。
って晴れるんじゃないですか?

凄い雨です。
うそーん。

想定外の台風7号の発生です。
台風に刺激された前線が北海道に雨を降らせていました。
雨量でいえば前日の台風6号より全然多かったです。

この日は苫小牧まで海沿いを走る予定だったんですけど、
ただでさえ風の強い裳岬はキャンセルです。
サラブレッドラインも。

超カナシス。

雨の日ツー二日目。
なるべく分かりやすい道を粛々と参りましょう。
釧路を出ると38号線を西へ向かいます。
こんな天気だとバイクが全然走ってないw

20160918_01.jpg

道の駅しらぬか恋問で休憩。

20160918_02.jpg

名は体を表す、じゃないですけど
真っ白な白糠の海です。
これからもっと荒れるんでしょう。
やはり海沿いを走るのは止めておくべきですね。
このまま38号線を進んで内陸部へ向かいます。

これまでと変わって山の中を走ります。
浦幌に着いたら道の駅で休憩。

20160918_03.jpg

雨にうたれる愛車。
うなだれてる?
元気出していこうよ。

20160918_04.jpg

十勝川沿いの路。
雨がヒドイです。お先真っ白w

帯広は車の量が多くてしんどいです。
合羽だとお店に入るのも気が引けるので
さっさと抜けてしまいましょう。

市街地を抜けてしばらく走ると
雨がやんできました。
そのまま快調に走っていると狩勝峠にさしかかります。

20160918_05.jpg

7合目で撮った写真です。
これからあの霧の中へ突っ込むんだゼw
視界不良過ぎワロタ。って感じで峠付近は何も見えません。
さすがの道民も超安全運転。
全然煽って来ません。
峠を下って霧が晴れてきたらガンガン煽って来たけどw

20160918_06.jpg

南富良野でラベンダーに癒されます。
道の駅でしばらくまったり。

復活したらもう少しだけ狩勝国道を走ります。
空知川を越えたら釧路からずっと走ってきた
38ともここでお別れ。237を南へ向かいます。

金山のトンネルを越えると天気と気温が一気に変わります。
雨も復活。超寒いんですけど。

道なりに下って下って、震えが止まらなくなってきた頃、
占冠の道の駅に到着しました。

雨を避けて建物の中へ。
って、この天気でクーラーいります?
お店の中がキンキンに冷えていました。
これは無理だw

外に出て軒先をウロウロします。
良い場所見っけ。
エアコンの室外機の前で暖をとりますw
温まるついでにグローブも外して中を乾かします。
あー。って変な声でてたかも。
しばらく呆けていました。

復活したら再出発。

20160918_07.jpg

スリップしそうでちょっと怖い。
そんな237の続きを走って日高に抜けます。

20160918_08.jpg

沙流川沿いを南へ南へ。
かなり楽しい下り坂が続きます。

下りきって道が平坦になった頃出会った馬。
スラっとしてて格好良いです。

20160918_09.jpg

お?ご機嫌?
こっち向いて尻尾降ってる。
元気を貰いました。
サラブレッドラインを走れなかった分も少しは補充出来たかな。

しばらく走ると青標識に苫小牧の文字を見つけました。
ここまで来るともう町中の移動です。

235を西へ。
後はこの道を真っ直ぐ。
途中、フェリーの看板を見つけました。
すれ違うライダーがチラホラ現れます。
お帰りですか?
お疲れ様でしたノシ

私はもう一泊していきます。
ホテルに着いた時にはバイクも合羽も雨でデロデロ。
それでもまぁ楽しかったかな。

釧路から苫小牧まで。
走ったなー。
晴れてたらもっと楽しめたんでしょうけど、
天候ばかりはしょうがないですね。



北海道ツーリング2016 その4

8月15日(月)のツーリングレポートです。

いつもなら6時には出発してるんですけど、
この日は7時を過ぎてもまだホテル。
外の景色を眺めながら珈琲を飲んだりしていました。

窓の外は、強い横風と雨に曝される網走の町。

台風です。

だぁー。

知ってたけど。

舞鶴を出るときには発生したばかりで
まだ進路予想も出てなかったんですよね。

ま、大丈夫じゃない?
来たとしても北海道広いし。
目的地に当たる事なんてそうはないでしょう。
なんて思っていました。
が、
小樽の宿で天気予報を確認すると
ピタリと道東に向かってるじゃないですか。

ま、まだまだー(汗

進路からそれたり、加速したりして回避...
できませんでした。

この日の早朝に根室に上陸。
午前中かけて道東を通過してオホーツク海に抜けた後、
温帯低気圧に変わるんですって。

駄目じゃん!

せっかくの道東なのに。
楽しみにしてた知床も根室も行けません(泣

そもそも次の宿にたどり着けるのん???

この日は釧路に宿を取っていたんですけど
お盆休みなので予約を取り直すのも難しく、
とりあえず、遅れるかもしれない旨
ホテルに連絡を入れておきました。

事前にバイクで行く事を知らせていたので
すごい心配してくれます。
後、道路が冠水してたり交通事情で行けない場合は
キャンセル料はかからないって事も教えてくれました。

そうですか。
お気遣いありがとうございます。
最悪、チェックアウト後もホテルのロビーで粘って
台風が通過してから向かう事にします。

そんな訳で朝からゆっくりしてました。
心は休まらないけど(^^;

幸い、8時過ぎくらいに小降りになって来たので出発する事にしました。
海沿いは避けて内陸部を通って台風とすれ違います。

網走を出て超安全運転で39号線を南下します。

後ろから来た車には手で合図をしてさっさと抜いて貰います。
抜いていく際、車も大分距離を取ってくれます。
速度も若干控えめで安心。
ま、私がゆっくり走ってますからね。

対して、反対車線の車はいつもの道民走りでかっ飛んで来ます。
その時の跳ねる水しぶきがヒドイです。
思いっきりバケツの水を頭からかけられるみたい。

何この屈辱プレイ。
私は特殊な癖は持ち合わせていませんヨ。

対向車が来たら道路脇の白線近くまで避けたりしたんですけど、
そこまで飛んで来る事もしばしば。

さらに轍の水たまりを踏んで自爆。
北海道の轍は深いです。
そこに溜まった水を自分で跳ね上げて、両足にビッシャー。
ハイ、ブーツと靴下死亡。

ハハハ。
もーいーや。

堂々と真ん中を走ってどんどん浴びてやるゼ。
ヒャッハー!

イカン、イカン。
景色でも見て心を整えましょう。

20160909_01.jpg

雨に煙る丘。
白いなぁ。
青空だったらどんなに綺麗な事でしょう。

美幌町を越えて240を進むと車も大分減りました。
これで水しぶきもかけられません。

やっといつものメンタルで走れます。
これで自然と周りの景色にも目が行くようになりました。

20160909_02.jpg

なんだか雰囲気のある建物がありました。
これはこの空の色でもイケますね。

20160909_03.jpg

おーい。
こっち向いてくれた。
牛は雨でも平気っぽい。

20160909_04.jpg

道の駅 あいおいで雨宿り。
この天気の中走るライダー同士、いや、同志。
妙な連帯感が沸いて来ます。

20160909_05.jpg

道の駅には渋い昔の電車が居ました。
旧国鉄時代の車両だそうです。
へ―。
何だか味がありますね。
鉄じゃないけど見てて楽しいです。

休憩を終えて元気になったら再出発。

20160909_06.jpg

道中、綺麗な水辺を見たりしながら
まぁまぁ進むと...

20160909_07.jpg

ウヒョー
路面ドライキター!
バンザーイ!
まりも国道を楽しみます。

残念ながら雨の止み間はそんなに長く続かず、
降ったり止んだりを繰り返したんですけど、
勢いは確実に弱くなって来ました。

20160909_08.jpg

道の駅 阿寒丹頂の里で
休憩しながらどうするか考えます。

もともと知床や根室を回って来るつもりだったのに
真っ直ぐ釧路に向かったせいで、時間と体力が余りまくってますw

地図とにらめっこ。

ムムム。
決めました。
釧路湿原に行ってみましょう。

もうしばらく240を南下した後、わき道にそれてみます。

20160909_09.jpg

途中、馬を見たりしながら、釧路市湿原展望台に到着。

20160909_10.jpg

バイクから降りて合羽のまま歩いて行きます。
向かう先はサテライト展望台。

20160909_11.jpg

つり橋も渡ります。
なんだか熊が出てきそうで怖いです。

20160909_12.jpg

結構歩いてやっと到着しました。

20160909_13.jpg

向こうの方は霞んじゃって全然見えません。
凄いなぁ、釧路湿原。
雨季のサバンナみたい。

実は、

これからあの湿原を走るんだゼー。

イエーイ。

さっき見た緑の中に突入です。
テンションアゲアゲです。

20160909_14.jpg

しかし、実際にはこんな感じで路面が濡れてる上に
道路が荒れているので慎重に走ります。
いろんなカーブにアップダウンもあって結構気を使いました。

もし晴れていたら...楽しさ倍増でしょう。
天気が悪いのが本当に悔やまれます。

20160909_15.jpg

それでも途中でタンチョウを見つけたりしながら
楽しんで走ります。

53、243、391と湿原の周りを回ります。
特に楽しいのは標茶に向かうまでかな?
391に出たら釧路湿原もおしまいって感じで
普通に車が走っていました。

湿原から離れてしまう前に
391沿いのサルボ展望台に寄って塘路湖を眺めます。

20160909_16.jpg

良い眺めだ―

しっかし雨が止んで本当に良かったです。
朝はどうなる事かと冷や冷やでした。

この後きっちり時間と体力を使って
釧路の宿に到着できました。

めでたしめでたし。( ´ ▽ ` )ノ



北海道ツーリング2016 その3

もう9月になってる(汗)
き、気にせず行きましょう。

8月14日(日)のツーリングレポートです。

早朝に名寄を出発したら239を東へ向かいます。

市街地を抜けると霧が出てきました。
先が見えなくなってるw

20160904_01.jpg

横を向いたら普通の田んぼが
幻想的な景色になってたりします。

川沿いのカーブがある道を
視界が悪いので気を付けて走っていると
地元の軽トラにブチ抜かれます。
慣れてらっしゃるw

私は外様なので安全第一。
のんびり走っていると1時間ほどで霧も晴れて来ました。

途中、西興部の道の駅で休憩します。

そこで見た看板。

20160904_02.jpg

描かれている動物が独特です。
ここまでシカの看板はたくさん見てきましたけど、
コレはなかなか他所ではお目にかかれません。

休憩を終えたら、森や川の景色を楽しみながら続きを走ります。

20160904_03.jpg

冗談抜きで独特な野生動物が出てきそうです。
1時間ほど流すと239も終わりに差し掛かります。

興部の道の駅で休憩。
宮城からいらした方と雑談しながら
お互い次のルートを確認します。

おk。今度は南ですね。
ルートも確認できたのでお別れの挨拶を済ませたら再出発。

238号線、別名オホーツクラインを走ると
これまでとガラッと景色が変わります。

20160904_04.jpg

青い。綺麗。波も穏やか。
オホーツク海、良いですねぇ。

しばらくオホーツク海を左手に見ながら走ります。
そのまま紋別に入ったら道の駅で休憩。

散歩がてら少し歩いて
有名なカニの爪を見に行きます。

20160904_05.jpg

デカすぎw
12m?
そんなにあるとは思いませんでした。

オサレなモニュメントもあります。

20160904_06.jpg

残念ながら流氷のシーズンには来れませんけど、
この海を埋め尽くす流氷は一度は見てみたいですね。

休憩を終えたら再出発。

20160904_07.jpg

途中、ちょっと逸れてトウモロコシ畑で
記念撮影したりしながら238の続きを走ります。

そして、ここから湖ツーになります。

まずは海みたいなサロマ湖。

20160904_08.jpg

青い、そして、大きい。
肉眼だと対岸の切れ目が見えたんですけど
この写真じゃ厳しいですね。

次いでワイルドな能取湖。

20160904_09.jpg

湖岸に草がいっぱいで湿原みたいです。

能取湖沿いを走って238とはここでお別れ。
網走の市街地手前の大曲を右折して、
39号線を南下します。

今度は整備された網走湖。

20160904_10.jpg

キャンプ場も併設されてお上品な感じ。
いろんな湖の景色が楽しいです。

よーし。
ハリキッテ次の目的地に向かいましょう。
39号線を走っていると、反対車線の道路脇に
車がたくさん停まっているので何事かと
...ナンゾコレ?


20160904_11.jpg

メルヘンの丘?
これは停まりますよねー。

角度を変えてみましょう。

20160904_12.jpg

コロコロが良い仕事をしています。

いい寄り道ができました。

メルヘンの丘を満喫したら美幌町を経由して243へ。
阿寒国立公園に向かいます。

まずは日本最大のカルデラ湖、屈斜路湖。

20160904_13.jpg

これは素晴らしい。

景色に感動しつつも、霧が出てきて肌寒いなー。
なんて思って周りを見てみると、

20160904_14.jpg

ドラクエとかFFの世界みたいになってるw

屈斜路湖の次はこの美幌峠を下って
湖畔の52号線を走ります。
が、残念ながらあまり湖面は見えませんでした
ほぼ森の中を走り抜けます。

少しだけ391を南に走ったら反対側の52号線へ。
ヘアピンをぐりぐり上って摩周湖第三展望台に到着。

摩周湖を拝見します。

20160904_15.jpg

代名詞の霧もイッパイ出ています。

20160904_16.jpg

霧もいいんですけど、
晴れた日の湖面も見たい気もします。

少し移動して摩周第一展望台へ。

20160904_17.jpg

こっちの方がアングルがいいな。
さすが第一展望台ですね。

湖を5つも回ることが出来て良い湖ツーになりました。
この辺りでいい時間になって来ましたので
宿を取っている網走に向かいます。

本当は、神の子池も行けたらいいなぁ。
なんて思ってたんですけど、
さすがに日が暮れそうなのでまた今度にします。

摩周湖から下りてきたら、
網走に向かって391を北上していたんですけど...
アレ???

いつの間にか自分がどこを走っているのか
分らなくなっていました。
確認すると小清水町で道が分岐していたみたいです。

20160904_18.jpg

まいいか。
このままこの農道を走っても網走には着くみたいなので
そのまま向かうことにします。

20160904_19.jpg

夕日に向かって走れw

20160904_20.jpg

キター。
ガンバレ―、日が落ちるゾー。

この後、北浜に出て一安心。
後は海沿いの244を網走に向かって走るだけです。

日は暮れてしまいましたが、まだ薄明るいうちに
何とか宿にたどり着くことが出来ました。

ふー。
走った、走った。



北海道ツーリング2016 その2

さて、書きますか。
8月13日(土)のツーリングレポートです。

いよいよ北海道ツーリングのはじまり、はじまり。

早朝に小樽の宿を後にしたら東へ。
朝日が強くて白っぽい景色の北海道を走ります。
そこから、337、231とオロロンラインへ。
石狩川を越える辺りで、ちょっと混雑しましたけど、
それ以外はすこぶる快調。
道も広くて走りやすい。
スイスイ走ります。

コレですよコレ。
すごく気持ち良いです。
ビバ!北海道。

調子に乗って走っていると
海沿いに近づくにつれ風が強くなってきて、
徐々に体温を奪われました。
8月なのに寒さで震えます。

途中、セイコーマートを見つけたら休憩ついでに寄り道。
後ろの荷物を解いて、パーカーを取り出します。
メッシュジャケットでは厳しかったか(^^;
コレをジャケットの下に着込んだら一安心。
元気にツーリングが再開可能になりました。

ここからオロロンラインを楽しみます。
体温も下がらなくなると、
走るだけじゃなく写真を撮る余裕も出てきました。

海とか。

20160831_01.jpg

滝とか。

20160831_02.jpg

旧花田家番屋とか。

20160831_03.jpg

気になる場所があったらチョイチョイ停車して
バシバシ写真を撮ります。
番屋の隣の道の駅で軽く食事休憩。

20160831_04.jpg

道の駅では天井の大漁旗が格好良かったです。

休憩を終えたら走ります。
苫前手前でオロロンラインから外れて方向転換。
今度は内陸部へ向かいます。

しかもダートw

20160831_05.jpg

走っていると最初の内は小さな砂利も
徐々に大きくなって、バイクが暴れまくります。

「何処へ行こうというのかね?」

なーんてセルフツッコミを入れながら、

いえね?
風車を見に来たんですよ。

と、脳内でやり取り。

イエス!

20160831_06.jpg

誰も居ません。
コワかったけど来てよかったー。
しばらく風車を眺めてまったりティータイムです。

満足したら走りましょう。
さらに奥へ。
道を曲がるとオロロンラインに出るハズ。

って、

工エエェェ(゚д゚)ェェエエ工

20160831_07.jpg

聞いてないヨ!!!

鉄の門が閉じられてるんですけど。
ガッチリした鍵もついています。

これは引き返すしか・・・って、

ここで?
この道幅の狭いダートの下り坂で?
クソ重たいクルーザーで?

超マズいんですけど(滝汗

あーでもない、こーでもない。
前輪を藪の中に突っ込んだりしながら、
えっちら、おっちら、何とか切り返して、切り返して、

切り返せたどー!!!(歓喜

20160831_08.jpg

つ、疲れた。
もう汗だくです。
パーカーなんてとっくに脱いでますw

いやぁ。
緩やかな下りで助かりました。
これ以上勾配がキツかったら無理だったかも。

しかも、愛車と格闘している最中、
どこからか蜂がブンブン飛んできて
何度かその場から退避したりしたので、
かなり時間を使いました。

教訓。
知らないダートには近寄らない事!

なんとか帰って来れました。

20160831_09.jpg

涼しい顔して回ってくれちゃって。
私がどれだけ嫌な汗をかいたと思ってるんですか。
(自業自得です

窮地を脱した安心感から
しばらく風車を眺めてホケーと魂を飛ばしていました。

今度は普通の道を走りましょう。

20160831_10.jpg

舗装路ってステキ。

これからは無茶はしません。

ゆっくり239号線を東へ。

途中の峠も先程の困難に比べたらイージーモード。
のんびり霧立国道、空知国道を走ります。

ここからの景色が素晴らしい。

綺麗な草原とか。

20160831_11.jpg

白い花畑とか。

20160831_12.jpg

バイクが居ない方がいいか(^^;

20160831_13.jpg

凄いいぃぃ。

他にも、湖を見たり。

20160831_14.jpg

湖畔に降りてみたり。

20160831_15.jpg

素晴らしい景色の数々に
目と脳が癒されまくってトロけそうでした。

北海道バンザイ。

朱鞠内湖を後にしたら美深国道抜けて、美深町。
そこから南に下って、名寄に向かいます。

その途中、美深峠で茂みから顔を出しているキツネと出会いました。

本当は、すぐ写真を撮りたかったんですけど、
後ろから車が来てたので残念ながら停車できず。

悔やまれます。

それ以外はすこぶる順調。
無事、名寄に到着しました。

チェックインを済ませたら
適当に名寄を観光。
辺りの散歩をしてこの日は終了しました。

ダートの門扉を前に、
「落ち込んだりもしたけれど、私は元気です。」

終わり良ければ総て良しです。


そうそう。

20160831_16.jpg

名寄の駅舎の屋根の形が可愛かったです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。